Headerbild News
  1. nrwinvest.com
  2. 会社概要
  3. ニュース

NRW州発の最新ニュース

ドイツ最古の同族企業 500年の歴史
ドイツ最長の歴史を持つ同族企業- Family CompanyがNRW州のジーゲン=クロイツタールにある。 17代目の社長パウル・ニーダーシュタイン氏が率いるのはThe Coatinc...
詳細
アーヘン発電気自動車 - 小型でピュア  
電気自動車を製造するのは大手自動車メーカーに限ったことではない。この魅力ある未来市場には若いメーカーも市場参入を果たしている。NRW州アーヘン市のe.GO Mobile社はそんなスタートアップのひとつ。同社の小型電気自動車をいち早く試したのがラシェットNRW州首相だ。初めての運転を終え、州首相は、「...
詳細
2019年5月NRW.BANK.ifo景況感指数(速報) 
5月のNRW.BANK.ifo景況感指数は僅かながら落ち込んだ。アンケート調査では、現況をポジティブに評価する企業が減少した。一方、先行き動向では慎重ながらも楽観的な見方が増加した。 製造業の景況感は改善した。企業は現況評価を引き下げたものの、今後の見通しでは悲観的予想は前月比で弱まった。建設業の...
詳細
快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム2019 in 奈良 9月5〜7日開催
日本繊維製品消費科学会が創立60周年を記念し、国際シンポジウムを開催。欧州スマートテキスタイル交流/快適性ワークショップをテーマに3日間の日程で行われる。 初日の特別招待講演では、大阪大学栄誉教授 石黒...
詳細
私とドイツNRW州(Vol.8後編)ドイツを走って、食べて、考えた。日本人との違いと共通項
川崎重工Kawasaki Robotics GmbH前社長高木登氏のインタビュー後編。 2014年からのデュッセルドルフへの赴任は、ポジティブな気持ちで受け入れることができました。デュッセルドルフには日本人のコミュニティや日本食のレストラン、食料品店が非常にたくさんありますし、私たち日本人にとって...
詳細
停電リスクなし E.ON社グリッド拡張に25億ユーロ
大手エネルギー供給会社のE.ON社は、電気自動車の電力需要を満たすために、2045年までに約25億ユーロを投資する計画だ。目的は停電リスクを回避すること。 E.ON社は、e-モビリティに備えて電力網を拡張する。そのために2045年までに約25億ユーロを投資する計画だ。同社のトーマス・ケーニッヒCE...
詳細
ドイツ連邦政府e-モビリティ研究ラボ開設 NRW州に大きなチャンス
2019年5月8日、ラシェットNRW州首相、ピンクヴァルトNRW州経済イノベーション・デジタル化・エネルギー大臣、そしてポエスゲンNRW州文化・科学大臣は、共同記者会見を開き、NRW州をe-モビリティ・トッププレイヤーが集積する最先端拠点に成長させるという州政府の目標を発表した。 この目標達成のた...
詳細
2019年4月NRW.BANK.ifo景況感指数(速報) 
直近2ヶ月の緩やかな景気回復の後、NRW.BANK.ifo景況感指数は4月、再び冷え込んだ。アンケート調査によれば、企業の現況評価は前月比で下降。また、先行き6ヶ月間の動向でも、再び懐疑的な見方が強まった。 製造業の景況感は2016年2月以来初めてマイナス領域に落ち込んだ。現況評価が低下したのみな...
詳細
デュッセルドルフの夕べ 9月5日開催 登録受付6月14日まで
日時:2019年9月5日(木)18:00-21:00 会場:ホテルニューオータニ東京 主催:デュッセルドルフ市、NRW州経済省、メッセ・デュッセルドルフ ...
詳細
5月27日<日独経済シンポジウム>開催 in デュッセルドルフ 日本デーで
恒例となったデュッセルドルフでの<日本デー>も今年ですでに18回目を数える。文化イベントやコスプレ、そして勿論、夜空に咲く打ち上げ花火を楽しみにしている方も多いはず。そして、経済面での双方協力を探るのが<日独経済シンポジウム>だ。今年のテーマは<AIとイメージングテクノロジー>。東京工業大学の梶原副...
詳細