Headerbild News
  1. nrwinvest.com
  2. 会社概要
  3. ニュース

NRW州発の最新ニュース

25年間ありがとうございました&お疲れ様でした
三枝樹(取締役営業部長)が1月末日にて定年退職 "ドイツとは良くも悪くも腐れ縁”と言って憚らず、ドイツ、NRW州の事情通として皆様に情報発信を続けてきた三枝樹...
Read more
新年会 in Düsseldorf
恒例の日本コミュニティとの新年会が1月15日、デュッセルドルフのラインテラッセで開催された。 NRW州に拠点を置く日系企業や総領事館、ジェトロなどの公共機関から約250名が参加し、2019年が実りある一年になるよう祈念した。主催はNRW州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー省、NRW.IN...
Read more
アーヘンの研究者といすゞ自動車が電気トラックのプロトタイプを共同発表
2014年、ドイツポストDHLの傘下企業となったストリートスクーター社は、もともとRWTHアーヘン工科大学発のスタートアップ。今では、ドイツポストDHLのみならず多数の顧客を対象に、ゼロ・エミッションの市街地向け小型電気集配車を生産している。 このサクセスストーリーに続き、アーヘンの研究者は価格競...
Read more
ゾーリンゲン生まれの "ヴィントミューレン・メッサー(風車刃物)"
NRW州のゾーリンゲンは、ケルンやデュッセルドルフ近郊にある、高級刃物で世界中に名を馳せる小さな町だ。ここに拠点を構える「ヴィントミューレン・メッサー・マニュファクチュア」は、1872年に遡る長い伝統を持つ。 今も刃物の生産工程をすべて手作業で行っている。これがまさに老舗といわれる所以だ。20世紀...
Read more
2018年12月NRW.BANK.ifo景況感指数 (速報)
12月のNRW.BANK.ifo景況感指数は3ヶ月連続で曇り模様となった。アンケート調査の結果、企業の現況評価は前月比で下がり、また先行き動向に関しても、前月比で懐疑的な見方が強まった。 製造業の景況感は再び若干の改善をみせた。前月比では現況評価は然程良くはなかったが、今後のビジネス動向では、企業...
Read more
シリーズ "NRW州ヴェストファーレン地方の美食巡り“ 第二弾 
レストラン「エンゲルヒェン(小さな天使)」 ヴァーレンドルフはエムズ川沿いに位置するのどかな、小さな町。この川沿いはヨーロッパ100名城ルートが通り、またサイクリングロードが整備されている。この町にホテル・エンゲル(天使)とそのレストラン"エンゲルヒェン(小さな天使)"が建つ。支配人はゲルハード・...
Read more
私とドイツ NRW (Vol.7 後編)ブンデスリーガの「フロント」として前人未到の領域へ
NRW州の州都デュッセルドルフを拠点とするサッカーチーム「フォルトゥナ・デュッセルドルフ」の日本デスク 瀬田元吾(せたげんご)氏が、自身のサッカー半生とドイツでのジャパンデスク開設への道のりを語る 渡独して1年半。「フォルトゥナのフロントスタッフになる」という新たな目標を持った僕は、いよいよ「ドイ...
Read more
ドイツ初のソーラーロードがケルン近郊にオープン
ドイツ初のソーラーロードが11月12日、NRW州ケルン近郊の町エルフシュタットにオープンした。 連邦政府の助成も受け、90メートルの長さにわたり、200平方メートルのスペースにソーラータイルが敷設されている。タイルの発電力は1平方メートルあたり年間80kWh。実は発電だけではなく夜間は明かりを灯し...
Read more
ジェトロ「欧州(パリ・ドイツ西部)イノベーションミッション」参加企業募集
日本貿易振興機構(ジェトロ)が2019年2月、ドイツNRW州へ「イノベーション」や「スタートアップ」をテーマに企業ミッションを派遣する。 応用研究機関との産学連携が盛んなNRW州アーヘンや、大企業との技術連携が進むデュッセルドルフには、製造業関連技術を中心に有望なスタートアップ企業が数多く集積して...
Read more
ドコミ(DoKomi)-ドイツ最大のコミケ 2019年に向け準備中
2019年6月8・9日に開催されるドコミのために、現在、準備がフル回転で行なわれている。来場者チケットの前売りはすでに開始され、出展者登録もスタートした。 ドコミは、日本ポップカルチャーを紹介するドイツ最大のイベントであり、2009年から毎年デュッセルドルフで開催されている。ドコミ(DoKomi)...
Read more