2019.10.25. "スマートシティーとスマートグリッド向けのビッグ・データ・AI アプリケーション"

演者ケルン大学エネルギー経済学研究所長ヴォルフガング・ケッター教授

“Big Data & AI Applications for Smart Cities & Smart Grids
Speaker: Prof. Dr. Wolfgang Ketter, Director, Institute of Energy Economics, University of Cologne

気候変動はビジネス、科学、政策の決定、そして環境保護の行動に大きなインパクトを与え続けています。温暖化を減速させ、生物多様性を保護しながらも、持続的な発展を実現するためには新たな解決策が必要で、しかも喫緊の課題です。

人工知能(AI) とスマート・エネルギーは持続可能な開発目標(SDGs)を達成する解決策となり得るか?その方法は? クリーンで手頃な価格のエネルギー供給は可能か? ドイツはフロントランナーなのか、それとも遅れをとっているのか?

ケルン大学エネルギー経済学研究所のProf. Dr.ヴォルフガング・ケッター所長(Prof. Dr. Wolfgang Ketter) を迎え、急速に進化する計算能力・技術を用いた、スマート・シティー向けの最先端AIソリューションについて紹介しました。

<演者略歴>ケルン大学情報システム科教授兼エネルギー経済学研究所長。研究テーマはデジタルトランスフォーメーションが如何に迅速かつ安定的に持続可能なエネルギーとモビリティー実現に貢献できるか。オランダのエラスムス大学教授・ディレクターを務める他、2017年よりドイツ連邦政府エネルギー政策アドバイザー、2018年より世界経済フォーラム・フェロー。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います

株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン
(ドイツ NRW州経済振興公社日本法人)
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート7F