Headerbild News
  1. nrwinvest.com
  2. 会社概要
  3. ニュース
  4. Detail

アーヘン工科大・東工大ワークショップ ”Smart Wearables for Biomedical App"  

オンラインワークショップ 7/6 (火)開催 

東京工業大学は、2019年3月にNRW州アーヘンに立地する工科大学の雄、アーヘン工科大学(RWTH)内に欧州拠点事務所「Tokyo Tech ANNEX Aachen」を設立し、以来、年に数回、ワークショップを開催している。新型コロナウイルスによる感染が世界中に拡大して以降は、相互に行き来しながらの相互交流はできなくなったが、オンラインで双方を結び、互いの大学が取り組む共通の研究テーマを取り上げ、2020年から継続して開催している。

今般のテーマは「Smart Wearables for Biomedical Applications」で、双方の大学から研究者が登壇し、展望を探る。

日時:2021年7月6日(火)16:00-18:30 (JST) / 9:00-11:30 (CEST)
会場:Zoom 会議室

言語:英語 参加費無料
プログラム お申し込み *外部サイトへ 

<プログラム> 議長: Prof. Sven Ingebrandt, RWTH Aachen

Markus Lüken, Chair for Medical Information Technology, Helmholtz Institute for Biomedical En- gineering, RWTH Aachen
Unobtrusive Monitoring of Gait Using Smart Wearables

Prof. Toshinori Fujie, School of Life Science and Technology, Tokyo Tech
Polymer Nanosheet Technology for Tissue-Interfaced Electronics
東京工業大学 生命理工学院 准教授 藤枝 俊宣 「組織界面エレクトロニクスのためのポリマーナノシート技術」

Prof. Sven Ingebrandt, Institute of Materials in Electrical Engineering 1, RWTH Aachen
Contactless, Battery-free, and Stretchable Wearables for Continuous Recording of Electrical and Mechanical Activity of the Heart

Prof. Thomas Gries, Institut für Textiltechnik, RWTH Aachen
SmartTexTronicsProduction – break through in production technology for wearable electronics

Prof. Hideyuki Tsukagoshi, School of Engineering, Tokyo Tech
Contactable Fluid Powered Soft Actuator That Approaches the Human Body from a Medical Point of View
東京工業大学 工学院 教授 塚越 秀行 「医療の観点から人体にアプローチする接触型な流体駆動ソフトアクチュエータ」

Prof. Takamichi Nakamoto, Institute for Innovative Research, Tokyo Tech
Wearable olfactory display and its application
東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 中本 高道 「ウェアラブル嗅覚ディスプレイとその応用」