Headerbild News
  1. nrwinvest.com
  2. 会社概要
  3. ニュース
  4. Detail

インダストリー4.0 - ドイツでは工場のデジタル化が加速

ドイツ製造業のデジタル化が進んでいる。従業員100人以上の企業では10社のうち約6社(59%)が「すでにインダストリー4.0関連の特別なアプリケーションを利用している」ことが、今回のドイツ製造業のデジタル化に関する調査結果で判明した(2018年は49%)。同調査はドイツIT・通信・ニューメディア産業連合会(Bitkom)の委託で、2020年2月中旬から4月上旬にかけ、従業員100人以上の552社のメーカーを対象に実施。

また「現在、インダストリー4.0のアプリケーション利用をすでに計画している」と回答した企業は22%で「今後、利用を検討する」と回答した割合は17%だった。Bitkomのアヒム・ベルク会長は「製造業および加工業はドイツ経済の中核。- ほとんどの企業がインダストリー4.0に向け前進している。製造業のデジタル化が進めば進むほど、新型コロナによるシャットダウンからの回復も早いだろう」とデジタル化の重要性を強調した。

この考え方は、大多数の企業に共有されている。というのも、94%の企業が「インダストリー 4.0をドイツ製造業の競争力を維持するための前提条件」と答えているからだ。また、過半数を超える企業(55%)が、「インダストリー 4.0を自社ビジネスの新たな飛躍の起爆剤」と見ている。さらに、製造業の93%という圧倒的多数が「インダストリー4.0をチャンスと見なしている」ということが分かった。反対に「インダストリー4.0をリスクと捉える」企業は5%のみにとどまった。

約4分の3(73%)のドイツ製造業社は、インダストリー4.0の趨勢下、個々のワークフローやプロセスだけではなく、ビジネスモデルそのものの改革も進めている。この傾向は2018年(59%)以降、大幅に増加しており、回答企業の半数以上(51%)が「新しい製品やサービスを開発中」、あるいは「開発を検討している」と回答した(2018年は39%)。また 4分の1(26%)が「既存の製品を変更している」、あるいは「変更を計画している」とのことだ(2018年は18%)。 さらに28%の企業は「従来の製品やサービスの販売を完全に中止した」と回答している(2018年は20%)。

インダストリー4.0の取り組みにおいて、新製品やサービスを開発している企業の大半は、プラットフォーム戦略をかかげている。88%の企業が「デジタルプラットフォームを新たに開発している」、または「以前からの開発活動を継続している」、もしくは、「デジタルプラットフォームに参加している」と回答している。こうした背景には、プラットフォーム上で製品やサービスを販売でき、かつ顧客とサプライヤーをつなぐことが可能、という事由が挙げられる。

また、ドイツ製造業社の大半は、大量のデータをワイヤレスでリアルタイムに送信できる次世代5Gモバイル通信にも高い期待を寄せており、それと同時に、人工知能(AI)についても非常に重要視している。調査に回答した7社に1社(14%)が、インダストリー 4.0関連ですでにAIを使用していることが分かった。

製造業の現場で広く使用されているAIアプリケーションの例として「予知保全」がある。これは、アルゴリズムとセンサーを使って機械の動作を監視し、AIが、機械が故障する前にメンテナンスの必要性を示すシステムである。また、別の例としては、作業プロセスを現在の要件に適合させる「自立型ロボット」といったモノも挙げられる。

もうひとつの、製造業にとっての重要な問題は専門労働者の確保だ。回答企業の66%は、「インダストリー4.0により高技能労働者の雇用が生み出される」と指摘している。また、大多数の企業(89%)が「ネットワーク化された工場では複数の専門分野にまたがるスキルが特に必要」と回答している。これは、例えば機械工学とITをつなぐインターフェースとしてのスキルなどである。

一方で、ドイツの製造企業はインダストリー4.0によって低技能の業務が工場から失われることを認識しており、すでに対策に乗り出している。例えば、インダストリー4.0の既存利用企業と導入を計画している企業の約3分の2(65%)が「今年、インダストリー4.0に特化した従業員研修を計画している」と答えている。

そして「インダストリー4.0で世界トップの国は?」との質問で、最も多く挙げられたのは米国だった(27%)次いでドイツ(22%)、日本は19%、中国は14%。Bitkomのベルク会長は「デジタル化はより多くの競争を生み出し、この競争はより多くの革新につながる。これはドイツにとってメリットを意味する。グローバルプレーヤーと”隠れた“チャンピオン企業を擁するドイツ製造業は最前線で活躍をしており、今後も世界トップの地位を維持するのに必要な条件をすべて備えている」とコメントした。

出典