NRW州のエネルギー産業
  1. nrwinvest.com
  2. NRW州主要産業
  3. エネルギー

NRW州のエネルギー産業

NRW州はヨーロッパで最も重要なエネルギー地域です。ここにはグローバルに事業展開をしているエネルギー供給会社、エネルギー集約型大企業および発電所建設企業のみならず、エネルギー関連の新技術・サービスのディベロッパー、供給事業者および需要者(社)が拠点を構えています。30大学のサイトで120機関、20大学以外の研究機関があらゆるエネルギー技術分野に関する教育と研究を押し進めています。特にエネルギー効率の向上と再生可能エネルギー利用が主要テーマです。さらにNRW州は太陽や風力など再生可能エネルギー源を利用可能にする技術の開発・検査・市場導入において世界トップの座にあります。

ご存知でしたか…

…NRW州はドイツの電力必要量の3分の1を供給しています。

...ボトロップ市が行うイノベーション・シティー・ルールプロジェクトは、「エネルギー効率の良いまちづくり」の転換モデルになっています。

…NRW州には100のエコタウン(気候保全住宅団地)が建設されています。

Quick Facts

4万4千人

就労者数
NRW州の再生可能エネルギー技術開発・利用分野の企業数は4500社を上回り、約 4万4000人が就労しています。

1億6800万 €

年間
ヨーロッパ屈指のエネルギー研究地域であるNRW州では年間1億6800万ユーロを投じて研究が進められています。これはドイツ全体の1/4の金額です。

エネルギーシフトの成功に向けたプロジェクト

エネルギーの効率的な利用はNRW州のエネルギー研究の中心テーマです。例えば、ミュンスターのヘルムホルツ研究所のプロジェクト「Ionics in Energy Storage」では、生産した電力を如何にして長期的に、大量に、そして出来るだけ省スペースで貯蔵できるかという重要な問題を解決すべく研究に取り組んでいます。その際、バッテリーの主要成分である電解液に焦点を当てています。

またNRW州ではインテリジェントな電力利用の研究も進んでいます。エネルギー供給会社であるRWE社は様々なモデルプロジェクトを実施して、制御可能な知的電力網(スマートグリッド)、メーター(スマートメーター)およびネットワーク家電(スマートホーム)の研究を実施しています。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います

株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン
(ドイツ NRW州経済振興公社日本法人)
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート7F

ドイツで経済力No.1

NRW州には卓越したインフラ、質の高い労働力があり、また中央に位置する立地のため国際ランキングでも上位につける経済圏となっています。そして様々な経済指標で世界トップにランクインしています。

イベント

2018.09.18. NRW Japan Fireplacetalk「ライン・ルール・メトロポリスの“交差点” ヴィリッヒ市 」
18.09.2018

イベント