NRW州で新しい技術が開発されています。
  1. nrwinvest.com
  2. NRW州主要産業
  3. e-モビリティ

e-モビリティ

NRW州はe-モビリティを精力的に展開し、益々高まる世界のモビリティ・ニーズに対応できる未来を見据えたソリューション開発に注力しています。 e-モビリティの未来を実現するのにNRW州は大変適した立地です。                                                                                                 NRW州には、サプライヤーをはじめ、多分野の革新的な企業が多数集積しており、優秀な人材、活気に満ちたスタートアップ企業群、企業と連携する卓越した研究機関群が整っており、優れたネットワークを有する活力あるエコシステムを構築しています。2022年中頃に予定されているドイツ全土でも大変ユニークな「バッテリーセル生産研究ラボ(FFB)」の開設もまた、新たな節目となります。同研究所により、NRW州は主要産業部門のひとつで今後の方向性を示す変革の先駆者としての地位を確立します。

3つ

コンピテンスセンター
NRW州では、3つのe-モビリティ関連コンピテンスセンターが産学の研究開発活動を一元化しています。

1/3

NRW州に拠点を置く
ドイツ自動車関連サプライヤー企業の1/3がNRW州に拠点を構えています。 

30万人

MINT教科専攻学生
NRW州では30万人以上の学生がMINT教科(数学、情報科学、⾃然科学、技術)を専攻しています。

イノベーションがモビリティを促進

NRW州が提供する自動車関連部品メーカー向けの活力ある学術環境には内外の投資家に対する説得力があります。

トロポス・モーターズ社のイノベーション: モジュール型電動商用車

Modulare Elektro-Nutzfahrzeuge von Tropos Motors

米国自動車メーカーのトロポス・モーターズ(Tropos Motors)はヘルネ市で電動商用車を製造しており、未来を見据えたe-モビリティを通じてルール大都市圏の自動車産業の強化に貢献しています。利便性、多様性、コネクティビティに焦点を当てながら、一見小型トラックのような同社商用車のスワップボディは、わずか数分で交換可能で、積載量が多く、有効荷重と牽引能力の高さも魅力です。同社の電気自動車は都市部での短距離移動向けに設計されており、様々な用途や場所で利用可能です。       

トロポス・モーターズ・ヨーロッパ ヘルネ市で電動トラック生産: 2019年8月27日のニュース

 

 

プラグと充電ソリューションの基準を定めるメネケス社

ザウアーラント地方に本拠を置く中堅企業メネケス社。同社の充電プラグは2013年から欧州規格となっています。欧州全域で電気自動車の充電に唯一採用されているのが同社のプラグ方式です。現在、メネケス社は充電ソリューションのフルパッケージを提供しています。世界中で充電器数はすでに2万台に達し、そのうち7千台はネットワークに接続可能であり、クラウド接続もできます。また、メネケス社充電スタンド運用向けにクラウドベースのソフトウェアソリューションも開発しています。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います

株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン
(ドイツ NRW州経済振興公社日本法人)
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート7F

コンピテンスの集積

新技術を促進

NRW州が有する自動車産業での技術革新力の源は、産業界と応用研究機関の密接な連係にあります。例えば、ズゥートヴェストファーレン・オートモーティブ・センターは、自動車メーカー、サプライヤー企業および大学研究所が共同で研究・開発活動、エンジニアリングサービス、また知識移転を行えるプラットフォームとして機能しています。

eモビリティーにおいても、アーヘン、ドルトムント、ミュンスターにコンピテンスセンターを有するNRW州は最高のポテンシャルを発揮しています。

バッテリーセル生産研究ラボ(FFB)

このようなバッテリーコンピテンスの集積がどのようなことを成し遂げられるかを、NRW州で進行中の研究プロジェクトが示しています。それはドイツで前例のないバッテリーセル生産研究ラボ(FFB)で、そのコンセプトは、省エネ、省資源といった基準も視野に入れながら、バッテリーセルの製造やその最適化からリサイクルまで、バッテリーセルのライフサイクル全体を考慮しています。実験用に製造されたバッテリーを使って、バッテリーをいかに最適に利用し、使用期間が切れた後に、リサイクルシステムを通じて、リサイクルできるかといった、説得力ある、法的にも実現可能な取り組みも含まれています。リサイクル施設はイッベンビューレン市に設置予定です。

 

シンプルな4つのステップでNRW州へ

デュッセルドルフ本部と各国の海外事務所がNRW州ヘの進出をサポート致します。最初のお問い合わせから設立まで、貴社プロジェクトを秘密厳守で支援!

アドバイス&プランニング

アドバイス&プランニング

立地拠点の提案・選択

立地拠点の提案・選択

立地拠点の設立

立地拠点の設立

事業拡大サポート

事業拡大サポート

他の立地拠点との比較

重要な経済指標にもNRW州の強さが表われています。

ドイツで経済力No.1

NRW州には卓越したインフラ、質の高い労働力があり、また中央に位置する立地のため国際ランキングでも上位につける経済圏となっています。そして様々な経済指標で世界トップにランクインしています。

ご質問等ございましたら、どうぞお申し付け願います

株式会社エヌ・アール・ダブリュージャパン
(ドイツ NRW州経済振興公社日本法人)
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート7F

工作機械

NRW州の工作機械メーカーは、物資の安定供給や資源保全、エネルギーの効率的な利用に非常に重要な貢献をしています。NRW州には特定の市場で国際的に名を馳せる多数の「隠れたチャンピオン企業」が存在し、極めて特殊な製品を開発しています。とりわけ駆動技術や計器類で世界を牽引し、高いイノベーション力を誇ります。

インダストリー 4.0

インダストリー 4.0は生産プロセスに革命を起こし、ドイツ産業の中核を成すNRW州は鍵となる重要な役割を担っています。産学の密接な連携、卓越したインフラ、そして広域のICTセクターがあるが故にNRW州では同市場が急速に成長しています。 

イベント

ドイツNRWジャパン【炉端会議 ライブ配信】 “新型コロナ下の物流 – 日本、ドイツ、欧州の経済や物流・SCMの現況と今後”  
24.04.2020

イベント

ニュース

日独経済シンポジウム「革新的な運輸・ロジスティック」5/27 in デュッセルドルフ
14.04.2021

オンライン開催。日本デーの一貫で開催される日独経済シンポジウム。NRW州経済省、NRW.Global Business、他機関が共同開催。

ニュース